So-net無料ブログ作成
検索選択

「夜の美術館と現代アート茶会 Vol.5 優游涵泳」 [現代アート]

お待たせしました!2012年も山口裕美の活動の応援・声援をなにとぞよろしくお願いいたします。
茶会表.jpg

さて、私が「観光アート」(光文社新書)の中にも書いたように、静岡県掛川市で毎年、節分の時期に、掛川の現代美術研究会(代表:山本和子さん/駅前の大国屋さんの美人おかみ!)と一緒に、二の丸美術館の職人の技がさえているコレクションの拝見と、場所を二の丸茶室に移動して、現代アーティストが制作する茶道具を
お披露目する茶会を行っているのが、この春のお茶会です。

 過去の様子は、過去のブログを探していただくとして、今回は5回目、ゲストアーティストは彫刻家の土屋公雄さんです。土屋さんとはもうかれこれ、20年くらいのお付き合いです。グライスデール村の作品の完成を見に伺った頃が懐かしいです。

で、このシリーズでは、ミヤケマイさん(掛け軸)、中村ケンゴさん(アクリルの棗)、名和晃平さん(風炉先屏風)、東泉一郎さん(茶杓)と、いよいよ道具が揃ってきた、ということで、土屋さんにも素晴らしい道具をお願いしています。
 本当は詳細に語りたいけれど、それは終わってから。東京大阪京都名古屋から参加して下さる方も増えております。ぜひぜひ春の掛川にいらしてください。時間的にゆとりを持ってきていただけると、資生堂アートハウス、ねむの木美術館、吉行淳之介文学館、私の大好きな事任八幡宮(通称ことのままじんじゃ)もあります。
美味しいお酒もありますし、美味しいお茶もあります。すっかり掛川ファンになってしまいました。
ぜひ掛川でお会いできることを楽しみにしています。
茶会裏.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。