So-net無料ブログ作成
検索選択

濱口健「黒、経文、その他」作品について [現代アート]

こんにちは、山口です。
コメントに、magiさんから「濱口健の作品の魅力について解説して欲しい」との書き込みがありました。

本当はコメントで返信すべきところですが、まずはほぼ初めて濱口健さんの作品を見た方のブログを紹介しておきます。

1.東京都現代美術館 関昭郎さんのテキスト
OMP ブログ 「必見、高橋コレクション

http://www.openmuseum.net/

2.プロデューサー市川恵一朗さんのブログ
FERIC 「濃度 濱口健」
http://www.feric.ne.jp/concierge/art/080620.html


非常にシャープなご意見と感想なので、きっと参考になるのではないか、と思います。
なお、今週の土曜日、7月5日だけは高橋コレクションが臨時休業になります。
濱口さんの作品が見られるのは、12日(土)、19日(土)、26日(土)の残り3日間。もしも、ウィークデーにしか行けないけれど、見たいという方がおられましたら、山口までDMください。

山口裕美


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 4

NO NAME

magiです。ご紹介いただいたブログさっそく拝読いたしました。個展の全体像がわかる画像と、精緻な観察眼に基づく適格な批評文のおかげで濱口健について「なぜみんなが絶賛しているのか」という疑問が解消されました。一つの作品だけではなく、多数の作品によって構築される全体像がわかることによって、私が非難していたポルノグラフィックは、濱口氏の直接的なテーマではなく、一度対象化した上での「素材」として使われているということにがわかり納得しました。

ブログで単品の画像だけをみると、如何わしいビデオのパッケージにも見えかねない際どい作品が、ずらっと並ぶと、計算された色調と通奏低音のごとく描かれた経文の効果があいまって、非常に構築度の高い美の空間を作り上げてしまうことに驚きです。

濱口氏が、使用している素材とは、全く別次元の美意識も持たれているということがよく理解できました。ありがとうございます。私の住む関西で個展があれば、一度見にいこうと思います。

(チア・リーディングみごと成功ですね!)
by NO NAME (2008-07-03 22:46) 

チアリーダー

magiさん

早速の書き込み、ありがとうございます。
関さんも市川さんも深くご覧になってくださっていて、素晴らしい観客であり、評論だと思います。濱口さんに限らず、アーティストは同時代を併走する評論家や学芸員、ギャラリストを持てるかどうか、がその先の未来を決定するかもしれません。
 濱口さんの作品はもっと多くの方に観てもらいたいし、「般若心経」シリーズ、276点はすでに完成していますので、どこか京都のお寺みたいな場所で展示できたらなあ、と密かに考えております。

山口裕美
by チアリーダー (2008-07-04 17:36) 

io

>本当はコメントで返信すべきところですが、まずはほぼ初めて濱口健さんの作品を見た方のブログを紹介しておきます。

で、山口さんご自身からの解説はなしですか?「まずは」ということですので、期待しています。
by io (2008-07-15 18:31) 

マルメロの陽光

色々な紹介記事 とても参考になります

視点もユニークで読み応えが有ります 楽しみにしております
又読みにこさせていただきます
by マルメロの陽光 (2008-08-18 00:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。